授業共創
プロジェクト
こくり

第2回は授業・学校改善実践事例
100人ライトニングトークを実施!
5月21(土)開催

AIに負けない創造性を
子どもたちに

今の子どもたちが大人になる20年後の社会は
AI・ロボット産業がメインです。

その社会は人間にしか出来ない
創造が大事な「創造社会」になります。

創造性は集団から生まれる

創造性は個人の能力から生まれるものではなく
集団での協働的な創作において育まれます。
創造は個人の競争ではなく
集団での共創に変わっていきます。

授業を教育を
もっと創造的に。

世界中のあらゆる地域の教員が
教育に関わるすべての方との
「共創」を通して
創造的な授業を共に生み出す、
授業共創コミュニティが「こくり」です。

参加方法

実践を1分で発表する
1分実践事例LTにて発表していただきます。希望の方は企画詳細をご確認の上 korekaranojugyo@gmail にご連絡ください。
実践を聞く

お申込み頂いた方に当日までにYoutubeLIVE配信される授業・講演の限定公開URLが掲載される専用サイトがpeatixの視聴ページよりアクセス可能になります。

実践を聞く

お申込み頂いた方に当日までにYoutubeLIVE配信される授業・講演の限定公開URLが掲載される専用サイトがpeatixの視聴ページよりアクセス可能になります。

企画詳細

1分実践発表100人LT

学校や授業をよりよく改善した取り組みを「1分」のLT(ライトニングトーク)で実践発表を100人で一気に行います。発表時間を「1分」にすることにより、気軽により多くの方の実践を共有する機会となることを目指しています。授業に限らず、校務、地域連携、官民連携など、学校・授業をより良くした事例を幅広く募集・発表します。

大切にすること

これからの授業や学校は教員だけで運営されるものではありません。そのため「教員」「生徒」「保護者」「行政」「企業・法人」など教育にかかわるすべての方の実践発表を通じて、つながることが大事だと考えています。そのためそれぞれ20名ずつの発表者を募集しています。発表者は100名を目安にしていますが、100名以上でも実施いたします。

100人LT発表内容

下記のGoogleSlideに発表者・発表内容を随時追加しています。< >をクリックでスライド送りができます。

パネルディスカッション

 共創での授業づくり 
 ~学校と教員が社会と共創するために必要なこと~  
平井 聡一郎 先生(情報通信研究所)
安藤 昇 先生(青山学院中等部)
安居長敏 先生(ドルトン東京学園中等部・高等部 副校長)
中村 めぐみ 先生(つくば市総合教育研究所 指導主事)
場所:オンライン
時間:16:15-16:55
対象:小学生でも中学生でも先生でも大丈夫です。
定員:無制限

スケジュール

12:45-13:00

開場:
現地会場の入場開始とともに、オンラインは本番開演前の接続確認時間になります。お申込み頂いた方はpeatixの視聴ページよりZOOMウェビナーのURLにアクセスしてください。運営が待機しておりますので問題なく表示されるか、参加できるかご確認ください。

13:00-13:10 開演・イベント説明
イベント全体の流れの説明を行います。今回のこくり自体が新しい試みであるため、全容を把握したい方はぜひご参加ください。
13:10-14:15

前半50名発表

14:15-14:55

休憩・歓談タイム
事務局メンバーが発表内容についてラジオ感覚でトークをします。

15:00-16:00

後半50名発表

16:05-17:05

パネルディスカッション:モデレーター 鈴木健太郎
「共創での授業づくり」~学校と教員が社会と共創するために必要なこと~
平井 聡一郎 先生(情報通信研究所)
安藤 昇 先生(青山学院中等部)
安居長敏 先生(ドルトン東京学園中等部・高等部 副校長)
中村 めぐみ 先生(つくば市総合教育研究所 指導主事)

17:05-17:15

終演:
イベント振り返りと終演へと向かいます。登壇者全員や見学者の方と全体のイベントの振り返りを行います。ぜひ皆様ご意見ご感想などいただけますと幸いです。

13:10-14:15

前半50名発表

参加方法

実践を1分で発表する
1分実践事例LTにて発表していただきます。希望の方は企画詳細をご確認の上 korekaranojugyo@gmail にご連絡ください。
実践を聞く

お申込み頂いた方に当日までにYoutubeLIVE配信される授業・講演の限定公開URLが掲載される専用サイトがpeatixの視聴ページよりアクセス可能になります。

実践を聞く

お申込み頂いた方に当日までにYoutubeLIVE配信される授業・講演の限定公開URLが掲載される専用サイトがpeatixの視聴ページよりアクセス可能になります。

ゲストスピーカー

平井 聡一郎
情報通信研究所
情報通信総合研究所、ICTリサーチコンサルティング部特別研究員、合同会社未来教育デザイン 代表社員、茨城大学教育学部非常勤講師。アドバイザーで関わる自治体や学校の環境構築サポート、職員研修を通して、授業改革に取り組んでいる。特に熊本市における教育の情報化においては、仕様の検討から研修計画までに関わり、現在の体制構築をサポートしてきた。また、最近は教育関係のイベント企画など、幅広く活動している。編著5冊、教育関係雑誌への寄稿、新聞等のメディアによる取材多数。
安藤 昇
青山学院中等部

青山学院中等部数学科講師
前任校では、放送部を率い県大会14連覇、NHK杯全国大会準優勝2回、3位1回の実績を誇る。2019年に都内に上京し、放送専用スタジオを構築。コロナ禍において真っ先にオンライン授業に取り組んだ。趣味はプログラミングとYouTube配信。

安居 長敏
ドルトン東京学園中等部・高等部
副校長
大学卒業後、滋賀女子高校に赴任。「授業は教科を通して人生を語る時間だ!」が授業開きの決めゼリフ。2002年、いったん教員生活を離れ、コミュニティFMを滋賀県内に2局設立。運営・番組制作・DJをしながら、個人でITサポート事業を起業。2006年、再び教育現場に戻り、滋賀学園中高で学校改革に取り組む。校長就任後は学校と企業をつないだPBL×ICT教育を推進。その後、沖縄のインターナショナル小中学校長を経て、2019年よりドルトン東京学園中等部・高等部学校の開校にあわせて参画。同校参事を経て副校長、現在は入試広報部長も兼務。「学校に身を置く自由人」。周囲からは「変人=変化を楽しみ・つくる人」と呼ばれている。
中村 めぐみ
つくば市教育委員会
情報担当指導主事
小中学校教諭を経て現職となる。主な経歴として2017年、2019年度、東京書籍教育論文ICT部門で優秀賞を受賞。つくば市のプログラミング先行必修化を手掛ける。書籍「これならできる小学校教科でのプログラミング教育」の出版した際のメンバー。EDIX、JAPET&CEC「教育の情報化推進フォーラム」等に登壇し、つくば市の先進的ICT教育を広める活動をしている。また、ICT CONNECT基礎研究委員会、サブ部会のメンバー 。
現在は、文科省教育データ利活用有識者会議、文科省主催1人1台端末の円滑な利活用に関する調査協力者会議等の委員を務める
安藤 昇
青山学院中等部

青山学院中等部数学科講師
前任校では、放送部を率い県大会14連覇、NHK杯全国大会準優勝2回、3位1回の実績を誇る。2019年に都内に上京し、放送専用スタジオを構築。コロナ禍において真っ先にオンライン授業に取り組んだ。趣味はプログラミングとYouTube配信。

こくりメンバーズ

楽しそう!って思ったら
一緒にやりましょう!!

何かをやるために知恵を集めるのではなく、みんながいるから何かが生まれる。創造性もあたらしいことも、個人の能力ではなく、色んな人がいる集団や場から生まれると思っています。何をやるかよりも、誰とやるか。今の場所では出来ない何かをやりたい。そんなことを考えてる人はぜひ一緒にやりましょう!
お申し込み時のアンケートに「こくり」に興味があるかのアンケート項目があるので、そこをチェックしていただいた方には事務局からメンバー招待のご案内をさせていただきます。

東京支部

山内 佑輔
新渡戸文化学園小学校/プロジェクトデザイナー/VIVISTOP NITOBEチーフクルー
蓑手 章吾
オルタナティブスクール HILLOCK初等部/スクールディレクター(校長)
菱 真衣
東京都立青峰学園
中根 誠一
東大和市立第十小学校 図工専科
関口 友美

新宿区立落合第二小学校図工専科

田村 久仁子

東京都板橋区立志村第二小学校図工専科

川上 尚司
東京都八王子市立第八小学校
東 信一
中根 誠一
東大和市立第十小学校 図工専科

北海道・東北支部

八嶋 孝幸
弘前大学教育学部附属小学校 教務主任 図画工作教育 情報教育等担当
小林 義安
北海道星置養護学校ほしみ高等学園
更科 結希

北海道教育大学附属釧路義務教育学校後期課程

前多 昌顕

青森県つがる市立森田小学校

渡邉 祐子

北海道札幌市立新発寒小学校

渡邉 祐子

北海道札幌市立新発寒小学校

中部支部

吉川 牧人
静岡県立掛川西高等学校 世界史教諭 研修課長 ICT推進委員長
野中 潤
都留文科大学教授
山田 国枝
愛知県北名古屋市立五条小学校
神谷 耕一
愛知県知立市立知立中学校
菅瀬 英

山梨県上野原市立島田小学校情報主任

鈴木 英之

新城市立鳳来寺小学校

濱田 康
一般社団法人エンターキー
神谷 耕一
愛知県知立市立知立中学校

関東支部

内田 卓
つくば市立吾妻小学校
鈴谷 大輔
特定非営利活動法人タイプティー 代表理事
神山 顕大
国際TBC高等専修学校 情報ライセンスコース 高校1年生
田中 萌
特定非営利活動法人タイプティー 理事
野村 徹也
港区立高輪台小学校
井川健一
  
茂見 知宏
  
宮内 智
  
高松 基広
TFabWorks
浦野 さつき
特定非営利活動法人タイプティー
片岡 伸一
千葉県立市川工業高校
野村 徹也
港区立高輪台小学校

西日本支部

浦谷 亮佑
枚方市教育委員会 指導主事
上原 祥子

沖縄県公立小学校

圓井 健史
兵庫県立視覚特別支援学校
津下 哲也
岡山県備前市立香登小学校
時枝 亜生
九州文化学園小中学校
林 孝茂
兵庫県尼崎市立園田小学校
福井 将
堺市立百舌鳥支援学校
浅村 芳枝
山口県下松市立久保小学校
福島 梓
宮崎県キャリア教育支援センター・コーディネーター
松尾 誠
福岡市立公立小学校 図画工作科校内研究主任
時枝 亜生
九州文化学園小中学校

海外支部

田島 優介
コロンビア日本人学校
都築 功二郎
ドーハ日本人学校
森嶋 厚博
プノンペン日本人学校 教務主任

ミライシード支部

飯田 哲也
調布市立若葉小学校
池田 悠基
新宿区立花園小学校
山浦 うらら
横須賀市立中学校ICT支援員
伊藤 恵子
相模原市立小学校
安里 陸郎

練馬区立北町小学校

佐藤 誠

山梨県公立小学校

伊藤 恵子
相模原市立小学校

よくある質問

  • Q
    最初から最後まですべてに参加しないといけませんか?
    A
    希望する授業や企画ごとにご参加いただけます。全てに参加する必要はございません。
  • Q
    参加にお金はかかりますか?
    A
    参加費は必要ありません。
  • Q
    登壇者の方と絶対にお話できますか?
    A
    確実にお話できるとは限りません。オンラインといえど時間は限られていますので、参加人数や時間によっては対応できない場合があることはご了承ください。
  • Q
    当日開場後も参加申し込みできますか?
    A
    可能です。peatixよりお申し込みください。
  • Q
    当日どのように参加したらいいでしょうか?
    A
    お申し込みいただきますと、当日までにpeatixの視聴ページより専用ページにアクセスできるようになります。専用ページからZOOMもしくはYoutubeLIVEにアクセスしてください。
    peatixの視聴ページについてはこちらをご確認ください。
    ・オンラインイベントに参加する : Help attendee
    https://help-attendee.peatix.com/ja-JP/support/solutions/articles/44001934587
  • Q
    ZOOMが動きません。どうしたらいいでしょうか。
    A
    ZOOMへのアクセスについては、ZOOMの製品仕様に依存いたしますので、下記をご確認ください。
    ・PC、Mac、Linuxのシステム要件 – Zoom ヘルプセンター
    https://support.zoom.us/hc/ja/articles/201362023-System-Requirements-for-PC-Mac-and-Linux
    ・iOSとAndroidのシステム要件 – Zoom ヘルプセンター
    https://tinyurl.com/y84wusxq
  • Q
    参加にお金はかかりますか?
    A
    参加費は必要ありません。

お問い合わせ

korekaranojugyo@gmail.com

取材などのお問い合わせはメールアドレスにご連絡お願いいたします。

企画・運営

こくり実行委員会
教育関係者有志によって運営されている非営利目的の団体です。これからの授業をみんなでつくっていきたい。これからの授業は、教育は、学びは、もっともっと楽しく出来る。すべての子どもたちにこれからの学びを届けたい。そう思える方のご参加お待ちしております。
東京都新宿区立富久小学校
主任教諭/図工専科
紅葉
2018年に第21回東京新聞教育賞。2019年にICT夢コンテストにて文部科学大臣賞受賞。2020年に教育界のノーベル賞と称されるGlobal Teacher Prizeで最終候補者の50名に選出される。令和2年度文部科学大臣優秀教職員表彰受賞。プログラミングソフトでつくるプロジェクションマッピングや電子工作など、情報通信技術(ICT)を活用した、新しい時代の図画工作授業を実践している。「SOZO.Ed」「Type_T」「美術による学び研究会」「ミライシード教員コミュニティ」メンバー。2018年よりマイクロソフト認定教育イノベーター。2021年よりAdobe Education Leader
教育クリエイター
鈴木健太郎
デジタルアートなどで世界的に活躍するチームラボに新卒一期で入社したのち独立。独立後は、教育を楽しく出来る仕組みをつくる教育クリエイターとして、日本最大の数学イベント 「ロマンティック数学ナイト」「MATHPOWER」「数学夏祭り」や、不登校生向けの修学旅行プラットフォーム「新世界への修学旅行」日本最大のオンライン授業展「これからのみんなの授業展」などの立ち上げを行う。世界最大のSTEM教育コミュニティFIRSTの日本統括ディレクターも務め、現在は公立の小中学校の設計にも携わるなど、多方面で活動中。
教育クリエイター
鈴木健太郎
デジタルアートなどで世界的に活躍するチームラボに新卒一期で入社したのち独立。独立後は、教育を楽しく出来る仕組みをつくる教育クリエイターとして、日本最大の数学イベント 「ロマンティック数学ナイト」「MATHPOWER」「数学夏祭り」や、不登校生向けの修学旅行プラットフォーム「新世界への修学旅行」日本最大のオンライン授業展「これからのみんなの授業展」などの立ち上げを行う。世界最大のSTEM教育コミュニティFIRSTの日本統括ディレクターも務め、現在は公立の小中学校の設計にも携わるなど、多方面で活動中。
北海道星置養護学校
ほしみ高等学園 教諭
小林 義安
特定非営利活動法人NEXTDAY 理事 及び 事務局長、北海道特別支援教育ICT活用PJ 事務局長、Microsoft認定教育イノベーター 北海道で特別支援教育を中心に学校におけるICT活用の推進している。また、地域におけるプログラミング教育、ICT活用の推進をNPO法人の活動を通じて行っている。 Microsoft認定教育イノベーターとして、全国の教員と連携しながら、子どもたちのICT活用に向けた様々なイベントを企画、運営している。2021年マインクラフトカップにおいては、北海道・東北地区審査員の代表として活動している。

三谷 公美

(さくら) エバンジェリスト / (LOCAL) 理事 at さくらインターネット株式会社 / 一般社団法人LOCAL
1996-1997 東京インターネット株式会社 運用技術部 1997 札幌へ移住 2009-present 一般社団法人LOCAL 設立 2013-present Internet Society Japan Chapter Member (2017年より Officer) 2016-present さくらインターネット株式会社 エバンジェリスト。コミュニティ活動でのキーワードは、インターネット、北海道、IT、エンジニア、セキュリティ、海底ケーブル。
北海道星置養護学校
ほしみ高等学園 教諭
小林 義安
特定非営利活動法人NEXTDAY 理事 及び 事務局長、北海道特別支援教育ICT活用PJ 事務局長、Microsoft認定教育イノベーター 北海道で特別支援教育を中心に学校におけるICT活用の推進している。また、地域におけるプログラミング教育、ICT活用の推進をNPO法人の活動を通じて行っている。 Microsoft認定教育イノベーターとして、全国の教員と連携しながら、子どもたちのICT活用に向けた様々なイベントを企画、運営している。2021年マインクラフトカップにおいては、北海道・東北地区審査員の代表として活動している。
多久市立東原庠舎西渓校
ICT支援員
福島 学

Minecraftカップ全国大会運営委員会 事務局 Microsoft認定教育イノベーター &フェロー MIEE Talks@Admin 副代表
好きに生きるモットーに、全国規模にて先生方への技術支援、機材支援を企業とタイアップして行う。

私立高等学校教諭
古川俊

私立中高数学教師として4年間、私立小学校教師として5年間教職を勤める。2020年経産省実証事業として17自治体と連携しオンライン学習成果での在宅出席・在宅学習評価モデルづくりのためのシステム設計を行う。Google認定Innovator/Google認定トレーナーを取得し、多数の地域や学校でGoogleWorkspaceに関する研修を行い、YouTubeで教育ICT活用チャンネルを運営。2022年教育ICT活用研究会を立ち上げを行う。「これからのみんなの授業展」事務局も務める。
タカタ先生
数学教師芸人

数学教師芸人。お笑い芸人と数学教師の両輪で活躍中。テレビ・YouTube・リアル授業・オンライン授業・書籍などを通じて「算数・数学嫌い」をなくす活動に命を燃やす。2016年に『日本お笑い数学協会』を設立し、会長に就任。2020年に開設した世界一楽しい授業チャンネル『スタフリ』(YouTube)は開設後1年半で登録者10万人超え。書籍『笑う数学ルート4』(KADOKAWA)など。

谷川 潤
東京学芸大学 連合学校教育学研究科 博士課程 芸術系教育講座 所属学生

「ビジュアル言語の教育活用」を研究主題に置き、図画工作科非常勤講師として小学校に勤務する中で、「絵」と「文字」を組み合わせた情報整理・伝達の手段についての実践・考察を進めている。

ラインズ株式会社 
ICT支援員
秋山 香

東京都西多摩地区でICT支援業務活動中、2021年からMicrosoft認定教育イノベーター、Microsoft Education Day 2022 VR担当、MIEE PowerAppsワークショップ企画運営
GIGAスクール構想がはじまりICTの利活用にお困りの先生への支援サポートを行っております。学校の先生方に授業でICTをスムーズに利用していただけるよう日々模索中です。支援キーワード:GIGA、Microsoft365、PowerApps、Sharepoint VR、プログラミング教育、eライブラリアドバンス

多久市立東原庠舎西渓校
ICT支援員
福島 学

Minecraftカップ全国大会運営委員会 事務局 Microsoft認定教育イノベーター &フェロー MIEE Talks@Admin 副代表
好きに生きるモットーに、全国規模にて先生方への技術支援、機材支援を企業とタイアップして行う。

GENKILABO